摂取することによって、どんな変化が起きて、それがなぜ痩せると言われているのか正しい知識を身に着けておきましょう。

これはやせ薬になる!?の罠

あくまでも吸収を穏やかにするだけであって、食べた物をなかったことにしてくれる魔法の薬ではありません。

吸収するのをゆっくりとしたペースにするためのものなので、時間をかけて結局は吸収されてしまいます。
つまり、体内に吸収される総カロリーを減らすことができるわけではないのです。

糖尿病の薬として開発

元は糖尿病の薬として開発されたのですが、グルコバイは糖尿病の中でも2型糖尿病に効果的な薬です。

お菓子などにもよく使われているトウモロコシのコーンスターチなどのデンプンといったものを多糖類の炭水化物と言うのですが、これらを摂取すると、唾液で麦芽糖をいう二糖類、腸内のマルターゼで単糖類のブドウ糖に変換されます。

ブドウ糖に変わると、小腸から血管に取り込めるようになるので、血液の中のブドウ糖が多くなります。

これを高血糖状態と言い、この状態が続くと血管内のブドウ糖が血管を傷つけたり、神経を傷つけるといった悪さをはじめてしまいます。

こうなった場合に自力で回避できないのが2型糖尿病と位置付けられ、生活習慣によって起こることが多い。
つまり、大食いな人や甘いもの好きの人がなりやすい病気なのです。

口に入れるものを考えてダイエットをするということは、このような病気からも自分を守るということにつながりますね。

作用について

グルコバイはαグルコダーゼ阻害薬とも呼ばれています。
先ほど説明したように、従来の糖尿病の薬とは少し違います。
小腸からでているαグルコダーゼが、砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解してくれているのですが、この働きを邪魔する作用を持っています。

従来の糖尿病の薬は、インスリンの分泌を促進したり、調整したりするものなので、効きすぎると低血糖になったり、ふらついたり吐き気がしたという副作用もあります。

グルコバイも副作用はありますが、αグルコダーゼという酵素の働きの邪魔をするもので、それによってブドウ糖が体内へ吸収されるのがゆっくりになります。

食後に血糖値が上昇するのを抑えることができ、脂肪合成がしにくくなるのが嬉しい効果です。
賢く活用していきたいですね。