薬でダイエットをするといった医療ダイエットが注目を浴びていますが、日本の病院で処方されるダイエット薬は主に2種類だといわれています。

薬を飲む前に

いくら薬を飲んでも、毎晩夜更かしをしていたり、家に閉じこもっていたりと、生活リズムが乱れていたままでは効果はあまり望めません。

ダイエットは孤独なものですから、何をしても続かなかったという人の気持ちもわかります。

そのために、医者や栄養士にカウンセリングをうけて生活習慣を改善するというダイエット方法もあります。
一人では続かないからこそ、専門知識を持った人に手伝ってもらえば話は早いですよね。

無理なく食事を制限できる内容なので、途中で挫折したり、リバウンドをする心配はないようです。
ただし、通院が終わってからの生活習慣をキープする努力が必要となってきます。

薬の効果と副作用

生活習慣が改善されたら、効果的に痩せるために薬の力を借りようという人もでてきます。
処方されるのは、ゼニカルなどの脂肪の吸収を抑制する薬と、サノレックスなどが代表する食欲を抑制してくれる2種類があります。
ゼニカルは日本ではまだ認可されていない薬ですが、病院で処方してもらうことはできます。

脂肪の吸収をしにくくしてくれる働きがありますが、普段から脂肪分が少ないものを食べている人にとっては嬉しい効果は望めません。
そして、すでにある脂肪を溶かすわけではないので飲めば痩せるというわけではありません。

他の栄養分を排出してしまうというデメリットをもっているので、特にベータカロチンやビタミンEなどの水溶性ビタミンが不足する危険性もあります。

サノレックスは使用条件や期間が決められています。

肥満度が70%以上、もしくはBMIが35以上の高度肥満症向けとなっており、服用期間も3か月までとされています。
これは依存性があることもわかっているので、注意が必要となってきます。

食欲を抑えてくれる薬だけあって、無理することなく食事制限ができるのでリバウンドを避けることも可能です。
また、新陳代謝が上がるのでダイエットに向いています。

有酸素運動を組み合わせるとより効果的です。

他の副作用としては、睡眠障害やめまい、精神障害や不安、口渇感、吐き気やおう吐などの副作用が報告されていることも頭に入れておいてください。

グルコバイの場合もそうでしたが、しっかりとした食事の習慣を整えた上での服用を心がけてください。
これらの薬は、あくまでもダイエットの補助だと考えておきましょう。